ひろまるの脊髄腫瘍闘病記

2020年4月に脊髄腫瘍が見つかって5月7日に摘出手術を受けてからの闘病記です。

ブロック注射は痛み止めの薬を直接注射針で痛い所に注入します。

私は右肩と肘に打ってもらいました。

不思議ですが針を深く刺しますが殆ど痛くないです。
チクっとするくらいは痛みはありますが、点滴よりも痛くないのでこれから打つ方はご心配はいりません。

ブロック注射を打った後の痛みの様子ですが、

診察の帰りに歩くときに手を振っても肩の痛みはなくなりました。
肘もいつもは触ると痛いのですがその痛みもありません。
それとともに右手が火傷したように痛かったのも少し軽減されています。

注射前は何かに(自分の左手や足やバッグ)手が当たったりすると
飛び上がるほど痛かったのが少し当たったくらいは辛抱できる感じです。

その日はなんとなく痛みがなくなった感じ・・・という感じでした。

その夜もいつも通り、リリカ2錠とロキソニン1錠飲んで寝ましたが
いつもだと、布団に手がこすれるとこれまたヒリヒリと痛かったのが軽減されて
しかも40秒から1分ごとに襲ってくる耐え難い火傷のような痛みもほとんどなくなってるのに気が付きました。

次の日も痛みの恐怖(痛みが定期的に襲ってくると慣れてきますが、やはり怖い)に襲われずにとても気分が良くて、朝からスイーツ動画を1本撮って
P1120387.MP4_000004004

午後からは編集と6kmのウォーキング

そして夜にはスイーツの試作までできてしまいました。

あとで考えたらかなり無理があったようです。

ちょっと動きすぎたかな?と思った3日目の早朝
やはり今までは休み休み撮影をしていて1日フルに動いてなかったからか、その朝は手のひらがとても痛くて朝の4時くらいから、以前より強い感じの金串で手を刺されるような痛みが続きました。

それでも右手は動かす方がよいような気がして動画を1本撮って
午後からはiPhone12を予約していたので、痛い手をさすりつつお店まで取りに行ってiPhone12をゲットしてきました。
P1120447

そんなこんなでブロック注射を打った日を入れて3日は病気前のようになんとか動けています。

ふと気が付きましたがこの注射の効き目はいつで持つかを先生に聞くのを忘れてました。
次の検診&治療は1か月後なのでそれまで痛み止めが持ってくれたら嬉しいです。

ネットで調べたら、1週間おきに打てばよいとか
あまり頻繁に打つと後遺症もあるとか諸説あって、やはりネットでは情報が多すぎて逆にわかりませんでした。

明日は今日撮ったスイーツ動画の編集です。

右手は痛いながらも前よりも軽やかには動いています。
その動きを数字で表すと病気前が10なら、今は6くらい。

痛みの痛さは、ブロック注射を打つ前が10の痛みだと、今は7くらいな感じです。

今日は雨やらiPhone12やらでインドア生活でしたので
明日は仕事は編集だけにしてリハビリウォーキング頑張ります。

ブロック注射①からの続きです。

今日は①に書いたような体の様子で3か月検診を迎えました。

難しい手術をして命と五体を助けていただいた先生ですのでお会いしただけで安心します。
いつものように右肩、右腕と右手が痛いのを報告します。

いつもと違いますのは、今日の診察でもう一人の執刀医とお会いするかを聞いてくださいました。


もう一人の執刀医と言いますのは

私の手術の場合はまず脊髄に到達するまでに整形外科の先生が頸椎と胸椎の骨を特殊な切り方で切って外す。

その後に脳神経外科の先生が顕微鏡下で腫瘍を取り除いて
その後に整形外科の先生が骨を閉じるという手術でした。
たぶんこんな様子で合ってると思いますが間違っていたらすみません。

日本でも有数の脊髄腫瘍摘出手術にかけての名医のコラボで私は生きて帰れました。

一日で名医お二方に診察して頂けるとのことで断る必要もありません。
二つ返事で整形外科の先生にも診察していただきました。

そこで整形外科の先生からブロック注射のことをお聞きして打っていただく事になりました。
ブロック注射は簡単に言いますと痛い部分にスポットで痛み止めを打って痛みを緩和するという注射です。

私の場合は首の神経から来ている右肩、右腕、右手痛なので、肩と肘に注射針を痛いところまで刺して注射していただきました。

注射は怖くて痛いと思ってましたが、肩もひじも結構深くまで針を刺しましたが痛みは殆どありませんでしたので大丈夫でした。

これで今回は様子を見ることになりました。

右手の指のむくみは出来るだけ心臓より上にあげて左手でこすったりもむようにしてマッサージ
したりストレッチをするということで、出来るだけ使えるところは使っていいとのことでした。
image
またまた長くなるのでブロック注射はとても効いたと言う報告は明日にします。

今日は右手は痛いながらも午前中はスイーツ動画撮影
午後からは前回の撮影分の編集
夕方は6kmのウォーキング
夜はスイーツの試作!
と言う感じで少し前のYouTube全盛期のパフォーマンスに近い動きが出来ましたの報告だけしておきます。

長々と書くよりこの最後の6行で十分かもですが😆

スイーツの試作は美味しく出来ました。
image

今日は脊髄腫瘍摘出手術後のリハビリ専門病院を退院して3か月検診に行ってきました。

YouTubeへの動画のアップ回数を入院時の2020年5月6日から本数を書きますと

5月 10本
6月 5本
7月 1本
8月11日に退院しましたが 0本
9月 4本
でした。

9月にアップした動画は右手が(正確に言いますと右肩、右ひじ、手全体)特に右手の親指、人差し指、中指が麻痺とむくみと火傷したような激痛があって、スイーツが作れず自由にカメラもさわれず、ほぼ開店休業状態です。

10月もこのままで行くと8本です。

偶然ですが8月には海外でバズって再生回数はYouTuber人生で2回目の記録的回数の1ヶ月1千万回を記録しましたが、やはり動画を出さないと再生回数はどんどん減って行きます。

これを経験するとYouTubeは決して不労収益ではなく、必ず汗をかかないと生きて行けない世界だと再認識しました。

話を脊髄腫瘍後の検診に戻します。

現在の体の状態を言いますと。

両手の小指、薬指、中指はまだ痺れと麻痺があります。
前述しましたが、特に右手は火傷をしたように焼けるように痛くて、更に1〜2分おきくらいにそれ以上の激痛が襲ってきます。

ただこの痛みはかなり痛いのですが、術後からほぼずっとあるので、慣れてきたのか痛みが少なくなったのか、痛みで右足が硬直しますがこのまま眠れたりスイーツ動画を撮ったり出来ます。
ただし本当なら休んでいたいですが、そんな事をすると寝たきりになりそうですし、生活もしないと行けないので体に鞭打ってお仕事をしています。

右手が痛いのに何故編集が出来てるかと言いますと、人間の体って便利に出来ていて、右手でマウスを持てなくなると、左手を使わないといけなくなって2ヶ月くらいすると、細かい編集は出来なかった左手が十分動いて右手並みに仕事が出来る様になりました。

あ、これは前のブログでも書いてました(^▽^;)

でもやはり人間の体の順応能力は凄いです。
image

胸から下の麻痺(正座をした後の痺れて感覚がない様子)は退院後からあまり良くなったのは体感できずで2ヶ月前とはあまり変わっていないような気がします。

寝ていても座ってもお尻の感覚もないので、下半身が空中に浮いてるような浮遊感があります。
この感覚も慣れたので最初にあった不快感は無くなってきました。

雨の日以外は6kmを早足で爪先で地面を蹴って歩くようにして1時間20分くらいで歩けるようになりましたので、そのウォーキングは続けるようにしています。
足の裏の感覚は戻りましたので、しっかりと地面の感覚を感じながら歩いています。

随分と長文になってしまいましたので、ブロック注射の様子と、一晩経過しての痛みの違いは明日書きますね。

久しぶりに書くと長文になってしまってすみません。

今日で退院してから142日です。
まだ右手は痛み止めのリリカ2錠とロキソニンを朝夕一錠飲んでますが30秒に一度くらいの痛みが襲ってきて右手を使えません。

それと共に右手は少し何かが触れると火傷の後のように飛び上がるような痛みがあります。

なので撮影機材のセッティングとスイーツ作りと撮影は妻がやすみのひに手伝って貰って何とかできています。

ただ最も時間がかかる編集は私しか出来ないので、左手でマウスを使うしかありません。
最初は左でマウスを使った事がなかったので
めちゃくちゃやりにくかったのですが、人間の体はよく出来ていて、編集をしだして2ヶ月くらいで以前に右手でやってたように編集もできるようになってきました。
image

また、リハビリウォーキングは退院2ヶ月後には4kmを何とか頑張って歩いてましたが、さらにそれから2週間後の今日は8kmの距離を1時間30分で歩けるようになっています。
image

胸から下の麻痺と両手の麻痺などは、体感的には退院時とはあまり変わってない感じです。

3日前くらいはお風呂に入っていたのですが、お尻の感覚がほとんど無いためお風呂用の小さな椅子が少しずつずれてるのに気がつかず、椅子から派手に落ちて床でお尻を思いっきり打ってしまいました。

まあ低い位置から落ちただけなので被害は何もありませんでした。

2週間の事で書きわすれていたのですが、退院したら焼肉を食べたかったのですがコロナが怖いので万全の準備をして初めての梅田の叙々苑へ行って焼肉を食べました。

さすが叙々苑だけあって特上ロースや特上ハラミなど、を食べてきました。
めちゃくちゃ柔らかくて歯はいらなかったので、次回は歯を抜いてから行こうと思いました。
image
image
image
image



今日は退院の2ヶ月後の診察でした。

退院して2ヶ月になりますが、右手はいまだに激痛が走るため動かせません。
動かそうと思っても、指がむくんでいてしっかりと握れませんし、指も伸びなくてリハビリ専門病院でしていたボールを握ったり、小さな棒を穴に入れたりは全く出来なくなりました。

とりあえず痛み止めを貰って飲んで様子を見るしかありません。

ただ、痛み止めもリリカを朝夕二錠とロキソニンを1日3錠と一日に飲める最大量を飲んでるのですが、30秒おきくらいに襲ってくる全身が突っ張るような手の痛みは耐え難いものがあります。

この痛みにはなかなか慣れないのですが何とかならないでしょうか?

2、3年したら治るのかな?

このページのトップヘ